FC2ブログ

三県合同勉強会に行ってきました!

シルバーウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

さて、先週は岐阜県酒造青年醸友会主催の三県合同勉強会が開催されましたので参加してきました。
岐阜・愛知・三重と三県の青年醸友会(若手蔵元達の会)が毎年交替して懇親を含めた勉強会を開催しており、本年度は岐阜県の担当となりました。

まずは養老郡養老町にある株式会社エヌテック様を訪問しました。

2009092101.jpg

「容器の動きを科学する。」というテーマを掲げて、PET、缶、ガラス瓶などの各種包装機器、搬送システムの設計製作や、容器メーカー向けのプラント、ライン設備、画像処理による各種品質向上、検査装置の開発等を手がけていらっしゃる会社です。

井上常勤顧問様、棚橋企画室参事様、西田営業部副参事様が対応してくださったのですが、大変丁寧に沿革や事業内容等をご説明いただきました。20年前に35名の社員でスタートされた会社ですが、しっかりした戦略と人材教育によりご発展を遂げられています。井上様のお話の中で、「以前は技術屋が満足するものばかり作っていて自己満足だったが、お客様に必要とされるものを作らなければならないことに気がついた」という部分や、「他社との差別化を如何にするのかを常に考えている」という部分に大いに共感しました。

2009092103.jpg

続いて、大垣市内にある有限会社大橋量器様を訪問です。岐阜県大垣市は、枡の材料である木曽桧や東濃桧が、地の利がよく比較的入手し易かったことと、大垣市在住のひとりの枡職人の成功により一族が次々と製造免許を取得したために、大垣市が全国シェアの約80%を誇り、日本一の枡生産地となっています。

2009092102.jpg

大橋博行代表様にお話をお伺いしましたが、日本伝統の道具「ます」の作り手としての信条をしっかりと持っていらっしゃる方だと感じました。同時にスタッフの皆様が楽しそうに仕事をしていらっしゃる姿が印象的でした。へぇぇ!ほぉぉ!というエピソードや枡に関わるお話を楽しみながら、あっという間に時間が過ぎてしまったのでした。
歴史の流れを汲む伝統の品を、素材を大切に、人の手間ひまを掛けてお客様に喜んでいただくことを想いながら作っていらっしゃる姿勢や、伝統を守りつつ新たな挑戦をつづけていらっしゃることは、我々日本酒の蔵元達にも共通すると思います。新たな気づきや学びも得ることが出来て、本当に有意義な勉強会だったとふりかえります。御参加の皆様、お疲れ様でした!

2009092104.jpg

夜は、料亭四鳥様でお待ちかね!?の大懇親会が開催されました。
今回も大変美味しい御料理をご提供いただきありがとうございました!
各蔵元の持参したお酒もきかせて頂き勉強になりました!



…その後も店を移動して懇親会は続き、最後はいつものメンバーでお約束の締めのラーメン^_^;

2009092105.jpg

メタボ一直線間違い無しの行為なんですが…止められないんですよね~

(六代目蔵元)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

御代桜醸造株式会社

Author:御代桜醸造株式会社
明治初期の創業以来、百有余年。悠々たる木曽川を臨む美濃の地で、若き杜氏や熟練の蔵人が丹精込めて醸す酒…
御代櫻(みよざくら)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク