酒蔵の風景Ⅱ

今朝は大変霧が濃い朝でした…酒造りも折り返し地点を過ぎて最終コーナーに向かいつつある状況です。まだまだ仕込みは続き、皆造は4月以降となりますが、活気ある蔵内にいるのは何だか気持ちが良いものです。

岐阜県産あさひの夢70%精米の本醸造もろみ。総米4000kgという弊社で最も大きな仕込で醗酵中。ちなみに、醗酵中のタンク内は酸欠状態になっていて大変危険です。蔵見学等で酒蔵を訪問される場合、安易に顔をのぞきこまないようにくれぐれもご注意くださいね。
2012021400003.jpg

搾りまであと数日かな?兵庫県産山田錦45%精米の純米大吟醸のもろみ。落ち着いた状態です。
201202140005.jpg

汲み上げられたしぼりたての純米吟大吟醸クラスのお酒。これは、タンクに残った醪を押し出す為に用意してあります。搾りたてのお酒は透明ではありません。日本酒には色があります。
2012021400004.jpg

醸造機器にも美しさがあるような、無いような・・・
2012021400006.jpg

ズラッと並んだ斗瓶採りの雫酒。1本1本が微妙な味わいの違いを見せます。蔵内でも最も贅沢なお酒の一つです。
20120214001.jpg

春はまだ先ですが、順調に酒造りは進んでいます。
酒蔵開放でお楽しみいただく純米も元気に醗酵中です!
お楽しみに!!

(六代目蔵元)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

御代桜醸造株式会社

Author:御代桜醸造株式会社
明治初期の創業以来、百有余年。悠々たる木曽川を臨む美濃の地で、若き杜氏や熟練の蔵人が丹精込めて醸す酒…
御代櫻(みよざくら)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク