スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お土産にどうぞ

本日から新年度、新しい生活がスタートするという方も大勢いらっしゃいますよね。弊社は決算が9月になるので、丁度1年間の折り返しになります。節目となるので気持ちも新たに…というのが今の時期のお決まりの言葉なのでしょう。しかしながら、東日本大震災から3週間が過ぎようとしていますが、被害の深刻さは増すばかり…言葉にならない焦燥感が社会全体を覆っているように感じさるを得ません。前に進むしかないと腹をくくって、復興に向かって一人一人が出来ることから全力でやる。日本全体で総力をあげて動いていくしかないと思います。僕も頑張ります。皆さんも頑張りましょう。いつか顔晴れる(がんばれる)日が必ず来ると信じて疑いません。(偉そうにスイマセン)

さてさて、第51回全国推奨観光土産品審査会が開催されて、弊社のライン漬が合格品の推奨状をいただきましたのでご報告させていただきます♪

2011040101.jpg

原料には、地元美濃加茂市で契約栽培をお願いしている青瓜を使用しています。そして、弊社の香味豊かな上質の酒粕で幾度も漬け替えをしていきます。自然の風味を活かした全ての工程が手造りの粕漬けです。酒蔵は冬場は酒造りを行いますが、夏場は閑散期になります。そんな割と時間がある時期に、自社の酒造りに関わることで何か出来ないだろうかと考えて始められたのが、弊社のライン漬の開発ヒストリーだと聞いたことがあります。ライン漬の『ライン』という単語は商品のネーミングにも採用されていますが、蔵のすぐそばを流れる木曽川の景観が、日本八景河川の部で第1位に選ばれ、雄大な河川美がドイツのライン川にたとえられていることから名づけられました。地元の観光では、ライン下りが有名です。

2011040103.jpg

香り高い風味とパリッとした歯ごたえが特徴で、芳醇な酒の風味が楽しめます。個人的には少し厚めに切って、白いご飯の上に載せてシンプルにお茶漬けで食すのが好きな食べ方です。お酒の後の締めにもバッチリですよ!瓜はどのサイズの商品も酒粕に漬けたまま出荷されますので、通常は水で洗い流して食べていただきます。この時に、酒粕を捨てずに活用していますというお客様の声をいただいております。味噌等と和えて、魚の上にのせて焼きあげたり、マスタードと和えてピザの上に少量のせて焼いたり、と聞いているだけで涎が出そうですね。

2011040102.jpg

各種サイズも揃っていますので、ご贈答やお土産にも最適です!是非お試しください。お取り扱い店様についてはお気軽にお問い合わせください。弊社での直販も承っております。

(六代目蔵元)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

御代桜醸造株式会社

Author:御代桜醸造株式会社
明治初期の創業以来、百有余年。悠々たる木曽川を臨む美濃の地で、若き杜氏や熟練の蔵人が丹精込めて醸す酒…
御代櫻(みよざくら)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。