『岐阜の地酒に酔う2012in東京』ありがとうございました!

本年度で東京開催は実に4回目となる『岐阜の地酒に酔う2012in東京』如水会館を会場に開催されました。

今回から、横断幕も新調して気合十分!岐阜県酒造青年醸友会副会長の高木酒造の加藤よしえさんが取り組んでくださいました。ありがとうございました!今回のイベント開催に際して、岐阜県酒造青年醸友会の役員様、OBの各蔵元様には大変お世話になりありがとうございました。また、岐阜県酒造組合連合会の中島会長、手綱専務、事務局の皆様にも毎度のことながら、縁の下の力持ちで支えていただきました。勿論、告知等に際しても、ご参加いただいた各蔵元様のお力添えのお陰です。更に、酒販店様、飲食店様、岐阜を応援していただいているお客様等、本当に大勢の皆様により今回の開催に至ることが出来たことを、実行委員長という立場から心から御礼申し上げます。

20120729010.jpg

お陰さまで会の方は本年度も大大大盛況でした!

20120729012.jpg

お酒をお注ぎする杜氏。今年も二人で対応させていただきましたが、ひたすら注ぎっ放しの話っ放しで3時間の会が一瞬のように感じました。友人や顔なじみのお客様が、新しいお客様を連れてブースにお立ち寄りいただき、大盛り上がり。お一人お一人とゆっくりお話する時間が無くて失礼もあったかと思います。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

20120729011.jpg

例年以上に、性別、年齢層共に幅広いお客様がご来場してくださったと思います。杜氏も女性のお客様に大人気!?一緒に写真を撮っていただいたりと本当に有難いことです。いつの間にか、僕達のヘルプに入ってくださるお客様も!?

今回は、弊社流通限定ブランドの商品も含めて量も多めに7アイテム持参させていただきましたが、会の最後はどんどんお酒が無くなってしまいました。そうそう、岐阜九蔵も大人気で嬉しかったです!テイスティング出来なかったお客様には申し訳なくお詫び申し上げます。

20120729013.jpg

アンケートにご記入いただきましたが、読んでいると嬉しいコメントばかり。是非来年も開催してください!というご意見が殆どで、第5回が無事に開催出来るように、他の蔵元様とも力を合わせて頑張りたいと思います。至らない点も多々ありましたので、9月の岐阜開催や今後のイベントで改善を考えたいと思います。
引き続き、岐阜の地酒を応援していただけますように何卒宜しくお願い申し上げます。

20120729014.jpg

今の日本酒の仕事をさせていただくようになって、本当に友人、知人が増えました。そして、こういった機会に際して、自分達が如何に大勢の皆様にお支え頂いているのかを実感します。改めまして、御縁と御恩に心から御礼を申し上げます。ありがとうございました!!


…足の故障で大変ご心配、ご迷惑をおかけしたことを深く反省しております。。。

(六代目蔵元&杜氏)

隅田川花火大会に行ってきました!

都内某所で、隅田川花火大会を観ながら、お客様と一緒に日本酒を楽しむ趣旨で参加させていただきました。

道路が歩行者天国になって開放されるのですが、見渡す限りのヒト・・・

20120728031.jpg

自分としては、今年初の花火でしたがとても綺麗でした!ような記憶です。。。(^_^;

20120728030.jpg

(六代目蔵元)

ご当地グルメ!

出張に際して、高速道路のSAで休憩&お昼ご飯。

駒ヶ根名物といえば、ソースカツ丼♪

201207280009.jpg

最高でした!( *´艸`)

(六代目蔵元)

いよいよ開催迫る!

いよいよ今週末に『岐阜の地酒に酔う2012in東京』が、東京の地で開催されます!

201206210004.jpg

岐阜県内から過半数となる27蔵元が参加。各社平均して5点程のお酒を持ち寄りますので、140種類程のお酒が並びます。岐阜の恵まれた自然を背景に、造り手達の歴史と経験と情熱に育まれた珠玉の一滴に出逢うチャンス。普段なかなか東京では流通していない、隠れた銘酒の発見もきっとあると思います。どうかお見逃しなく。

既に前年同様の皆様の参加ご希望をいただいているそうで、心より御礼申し上げます。会場のスペースの関係上、まだ若干の受け入れは可能と伺っておりますので、申込期間は終了しておりますが、エントリーは受け付けております。是非是非、今週末は岐阜の地酒をお楽しみください!

蔵元一同、皆様との出会いを楽しみにしてお待ちしております。
宜しくお願い申し上げます。

(六代目蔵元)

皇居からおはようございます!

早朝の皇居ランからの一コマ。

今朝の都内は雲が多くてスッキリしない…夏空を希望ですね。

20120724000001.jpg

(六代目蔵元)

諏訪湖にて!

本日からの東京出張は車で移動。

途中、中央道の諏訪湖SAに立ち寄ったら、雲が低くて湖面が蒼くて素晴らしい眺めでした!

2012072300001.jpg

(六代目蔵元)

初呑み切りを行いました!

以前は夏場といえば蔵内はヒッソリとして、皆ものんびりムード…というのが、酒蔵のイメージだったのかもしれませんが、ここ最近は蔵見学のお客様や、日本酒を楽しむイベント等も多くなって、年中バタバタしているような気がします。

更に、先日梅雨明け宣言があったばかりですが、いきなりトップギアに入ったかのような連日の猛暑。これには、年配の蔵人ばかりでなく、(蔵の中では比較的若い)僕も結構参ってしまっています。

そんな中、本日の蔵内では昔からの大切な伝統行事である『初呑み切り(はつのみきり)』が行われました。通常の酒蔵では冬場に酒造りを行い、もろみを搾った新酒は『火入れ(ひいれ)』という加熱滅菌を行ってから、タンクや瓶に貯蔵されます。そのまま秋口まで静かに熟成させて、味わいが整ったお酒をお楽しみいただくのが通常の日本酒の流れになりますが、貯蔵中のお酒に異常が無いか?や、順調に熟成しているか?飲み頃はいつになるのか?等を見る為に行われる貯蔵酒の検査を『初呑み切り』と言います。密封されていたタンクの下部に付いている「呑み」という酒の取り出し口を「初めて」「開ける(切る)」、という意味から『初呑み切り』と言われるようになったようです。

20120719000001.jpg

初呑み切りは、あまり早くやっても異常や熟成度合いがどうかは分かり難いし、逆に遅過ぎると変化が進みすぎていて手遅れになりかねません。ちょうど6月から7月にかけての時期が発見するのに最適な時期で、通常はどこの蔵元もこの頃に行われるようです。弊社では、例年7月の梅雨明け頃に初呑み切りを行いますが、今年は本日となりました。杜氏が利き酒のセッティングをしてくれて、社員皆で利き酒です。

20120719000002.jpg

利き酒をする際には、味だけではなく、香りを嗅いだり、色や透明度をみたり、五感を駆使して変化を感じます。その際に活躍するのが蛇の目きき猪口。何点も利き酒するので、若いお酒から熟成が進んでいるお酒へと順番に利き酒を行います。その際には、シートに評価や気がついた点を記録しておき、商品化の際の参考にします。特に、蔵元や杜氏という立場で利き酒を行う場合、そのお酒の出荷可能となる時期まで考えながらの利き酒で、状態に満足できない場合には出荷を見送ることすらありますから、その表情は真剣です。

どのお酒も順調に成長しているのが確認出来ました。秋以降、適度に熟成した旨みがあるお酒を皆様にお楽しみいただくことが出来そうです。どうか、お楽しみに!

(六代目蔵元)

試飲販売会のお知らせ!

梅雨も明けて、いよいよ真夏本番ですね!

さて、試飲販売会のお知らせです!このたび、阪急百貨店 堺北花田様1階酒売場において、御代桜醸造株式会社の試飲販売会が実施されております。ご贈答向き、ご自宅向きと用途に合わせて季節のお酒を揃えさせていただきました。特に、大人気で蔵元在庫も僅かとなっている『御代櫻 本生純米 H23BY』や『御代櫻 純米吟醸 無濾過生原酒 春搾り H23BY』等の旬の生酒が揃っております。春先よりも味わいが充実して、より美味しくなった新酒の数々を実際にお試しいただいて、この機会に是非ともご利用くださいませ。

sakaikitahanada20120718.jpg

開催日時:2012年7月18日(水)~7月24日(火)各日とも、10:00~20:00
場  所:阪急百貨店 堺 北花田阪急 1階酒売り場


皆様のご来店をお待ちしております!

(御代桜醸造株式会社)

海の日!

地元美濃加茂市は、まだ早朝から大変な猛暑に…('д`)

2012071600001.jpg

熱中症にはくれぐれも気をつけましょう!

(六代目蔵元)

今朝の木曽川!

堤防沿いを朝ラン中に撮影。

大雨で濁った木曽川。

暴れ川とも称された一面です。

気温が上がってきた為か、水面に靄がかかっていました。

2012071409.jpg

(六代目蔵元)
プロフィール

御代桜醸造株式会社

Author:御代桜醸造株式会社
明治初期の創業以来、百有余年。悠々たる木曽川を臨む美濃の地で、若き杜氏や熟練の蔵人が丹精込めて醸す酒…
御代櫻(みよざくら)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク