もろみ管理

もろみの醗酵具合を知るために成分分析をします。
もろみそのままでは都合が悪いので、濾液を集めて
アルコール度数や、日本酒度を測ります。
その数値をみて頭を悩ます日々が続きます。

(杜氏)

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

秋深し…

今週で10月も終わり、間もなく11月。

地元美濃加茂市の紅葉をお届けしようと思いましたが、まだまだ部分的で想像した程ではありませんでした…辺り一面の紅葉といった写真を掲載したかったのですが、残念です。^_^;
2007102904.jpg

晩秋の静かなる落日。
2007102903.jpg

今年も残すところ僅か2ヶ月という現実に愕然とします。
光陰矢の如し…ここ最近は矢というよりもミサイルの如しです(汗)

(六代目蔵元)

仕込1号6日目

124_2457.jpg

非常に判り辛いですが、もろみの面です。
室温5度という環境にもかかわらず、「シャー」と泡がはじける音を
たてて元気に醗酵しています。

(杜氏)

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

『2007東京秋の吟醸酒を味わう会』へ参加しました

10月2日の大阪での開催に続き、10月24日はいよいよ東京で秋の吟醸酒を味わう会が開催されました。

…ということで、杜氏と二人で行って来ました!東京(^^)v

今回の会場となったホテルメトロポリタンエドモントです。JR飯田橋駅から徒歩10分程でした。
昨年まで赤坂プリンスでの開催が続いていたので、ちょっと新鮮…
2007102401.jpg

いよいよ味わう会のスタートも間近となり、蔵元達が集合してのミーティングが行われました。
気合注入中です。
2007102402.jpg

今回の東京開催は2部構成となっており、2部ではチケット予約のお客様に限りお弁当が用意されました。ブースでヒアリングしたところ、お客様の反応は様々でした。純粋に利き酒に集中したいという猛者も結構多いようです。
2007102403.jpg

まだかまだかと開場を待つお客様の熱気はかなり凄かったです^_^;
2007102404.jpg

今回の出品酒は大阪と同様で、下記の通りでした。
①『御代櫻 純米大吟醸雫 酒向(さこう)18BY』
②『御代櫻 特撰大吟醸 17BY』
③『御代櫻 純米吟醸 秋上がり 18BY』
④『御代櫻 純米吟醸 播州山田錦 火入れ 17BY』
⑤『三十一才の春 純米大吟醸無濾過中汲み原酒 18BY』


ここでひとつお詫びが…⑤の三十一才の春を他のお酒と一緒に発送したつもりだったのですが…会場での準備の際にダンボールを開けてみると…

入ってないじゃん(T_T)

三十一才の春を楽しみにブースにお立ち寄りいただいたお客様も非常に多く、御迷惑をおかけいたしましたことを心からお詫び申し上げます。

今回の東京開催では、1部、2部合わせて1300名を超えるお客様が御来場下さいました。お陰さまで、用意したお酒もほぼ空っぽとなってしまう位に、本当に大勢のお客様にお立ち寄りいただきました。そんな中で今回も多くの忘れられない出会いがありました。毎回必ずお立ち寄りいただく常連の皆さん、初めて御代櫻を飲んで気に入ってくださった方、一緒に写真を撮ってくださった方、気に入っていただいてお取引させていただくことになった小売店様等々…本当にありがとうございました。
2007102405.jpg

皆さんが吟醸酒を手に本当に嬉しそうに熱くその美味しさを語り、楽しそうにご友人達と過ごされる姿を見ていて、もっともっと美味しいお酒をお届けしたい!素直にそう思いました。また、自分達はただ単に酔うためのアルコールを造っているわけではなく、お客様の楽しさや満足、快適さにつながる部分で貢献させていただいているのだとも改めて思いました。
2007102406.jpg

良い刺激をたくさん頂きましたので、自分達の中でより良い活動に昇華させられるように頑張りたいと思います。どうか今後とも御指導の程宜しくお願いいたします。

最後になりますが、開催にあたりお世話になりました吟醸酒協会会員蔵元の皆様、事務局の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました!

…あ、仕込みの真っ最中に蔵から連れ出してしまった杜氏も本当にお疲れ様でした~(^_^;)

(六代目蔵元)

『おん祭MINOKAMO2007 秋の陣』が開催されました

昨日は、『おん祭MINOKAMO2007 秋の陣』が開催されました。

おん祭とは…

夏の花火大会・駅前イベント、秋の中山道まつりと市民主導型で企画運営している美濃加茂市のお祭りです。平成6年にスタートして10年以上の伝統を持つ「おん祭MINOKAMO」は、皆様の大きなお力添えの中で年々その内容も充実し、美濃加茂市を代表する「まつり」として多方面より認知されてまいりました。この「まつり」は、市民の皆様が企画・運営に汗を流してその中から「感動」を作り上げており、絶えることのない、多くの市民の皆様の参加により「歴史」を築いてきたところです。テーマは「夢と歴史の市民賛歌」

(以上、おん祭MINOKAMO公式ページより抜粋)

夏の陣では花火がその主役でしたが、秋の陣の主役は何といっても時代行列(姫行列)です。中山道太田宿を舞台に、5人のお姫様を中心とした時代行列がゆっくりと進みます。見る人を歴史の世界へといざなう華やかなお祭りなんです。
20071022103712.jpg

御代櫻も蔵元店頭を開放して、試飲をお楽しみいただく等して多くのお客様で賑わいました!
御来店いただいた皆様、ありがとうございました!!
20071022103746.jpg

多文化共生、国際交流に力を入れる美濃加茂市ならではの一コマ。高札奴の役は外国人の方でした。大人気で多くの方と記念撮影をしていらっしゃいましたね。お疲れ様でした!
20071022103816.jpg

こちらも毎年、火縄銃披露が大人気の鉄砲隊。愛知県の古式砲術研究会の皆様です。空砲とはいえ、凄まじい発砲音に子供たちも大喜び!携帯画像なので、画質が悪くて申し訳ございません(T_T)
20071022103835.jpg

時代行列の華。姫達です。
とても綺麗でしたね♪
20071022103856.jpg

実は、六代目蔵元は行列警護の役割をいただいており、ずっと行列のみなさんと移動しておりましたので、その他の本部会場や蔵元店頭等での様子はあまり分かりませんが、もち投げ、キッズダンス、鳴子踊り、和太鼓演奏、大蛇の舞、楽市楽座、紙芝居他たくさんの催しが行われて、訪れた観光客の皆様もきっと満足していただけたことと思います。

主催のおん祭美濃加茂実行委員会はじめ、後援・協力の各団体の皆様、そして地域にお住まいの皆様、本当にお疲れ様でした。来年も楽しみですね♪

最後に…いつものやつを…

これかも

おんさい!!(方言で「いらっしゃい」の意味)

美濃加茂!!(^^)/

20071022103912.jpg

(六代目蔵元)

酒母3日目

124_2450.jpg

本年度のお酒の仕込がいよいよ始まりました。
蔵人には辛い季節がやってきてしまいましたが、気を引き締めてがんばっていきます!

今年も暖かい日が続いていますが、冷房のガンガンに効いた部屋の中で元気に沸き始めた酒母です。部屋いっぱいに甘い香りが漂っていますが醗酵で出来た炭酸ガスが充満していて非常に危険な状態です。

(杜氏)

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

醸造安全祈願

2007101001.jpg

昨日の出来事ですが、本年度の醸造安全と酒業繁栄を祈願して、神官様に御祈祷をしていただきました。毎年恒例となっている御祈祷ですが、改めて身が引き締まる一瞬でした。

さあ、まだ始まったばかり!春はまだまだ遠い先です。

(六代目蔵元)

いよいよ開始です

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、猛暑となった8月以降も残暑厳しい日が続いておりましたが、ここにきてようやく暑さも落ち着いてまいりました。まさに秋冷の候…秋本番を迎えるなか、本日より、いよいよ平成19酒造年度(2007年7月1日~2008年6月末)の酒造りが開始となりました!

まずは、作業としては洗米が行われました。
2007100902.jpg

画像は、酒造好適米美山錦(55%精米)を手洗いにて洗米したもので、酛麹に使用されます。蔵人によると、多少吸水しやすい傾向とのことですが、米自体の出来はほぼ例年並だそうで、本年度も高品質な酒質が期待出来そうです。本年度の『御代櫻 純米吟醸 しぼりたて』になる予定ですから、皆さんのお手元に製品としてお届け出来るのは12月上旬頃となります。お楽しみに!!

この他にも、レギュラークラスのお酒の洗米等も行われました。
明日は早朝から、本年度の醸造の安全と成功を神官様に祈願していただく御祈祷が行われた後、本日洗ったお米を蒸す作業があります。

画像は蔵人の二人です。来年の春まで酒造りは続きますが、杜氏の元、蔵人一丸となって元気に頑張ってまいりますので、どうかご声援の程宜しくお願い申し上げます。
2007100901.jpg

明日からは、酒造りに関する話題で杜氏も登場予定です。
どうぞお楽しみに!!

(六代目蔵元)

『秋を食す 飛騨・美濃の地酒と秋の味覚を愉しむパーティー』

10月7日に、ホテルグランヴェール岐山様で、岐阜県の地酒と秋の味覚を愉しむという趣旨のパーティーが開催され、岐阜県酒造組合連合会は協賛という形で出展させていただいて、御代櫻も参加しました。

256名と非常に多くのご来場者で賑わいました。
小林支配人様のお話では、県外からも多くのお客様が参加されたそうです。
大変嬉しいことですね。(^^)v
2007100701.jpg

今回も、秋の限定酒であるひやおろしや純米吟醸、大吟醸を出品させていただきました。
秋の味覚に、適度に熟成して美味しくなった日本酒は好相性を示します。
2007100702.jpg

多くのお客様がお立ち寄り下さいました。ありがとうございました!
いつもお世話になっている主に岐阜市内のお取引先様や酒販店様、またメーカー様も来場されており、お話することが出来ました。感謝申し上げます。
2007100704.jpg

今回は、ジャズバンドの生演奏をBGMにパーティーは進みます。
とてもお洒落で上質な時間が流れました。地酒とジャズの組み合わせもなかなか良いですね♪
2007100703.jpg

おおーっ!!
何と会場ではこんな大きなマグロもっ!!(涎)
2007100705.jpg

あっという間に手際よく解体されて…
2007100706.jpg

合唱。
2007100707.jpg

美濃・飛騨の美味しい地酒を多くのお客様にお楽しみいただけて良かったです。
ホテルの皆様、蔵元の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました!
また機会があれば、是非参加させていただきたいですね。

…あまりにも料理が美味しそうだったので、次回はお客として参加して自分自身も楽しみたいなぁ、というのが本音ですけど^_^;

(六代目蔵元)

『2007大阪秋の吟醸酒を味わう会』へ参加しました

1981年8月に、吟醸酒を一般に広めようと全国の吟醸酒の蔵元42社が集まって「日本吟醸酒協会」を創立して活動を開始しました。2007年現在66蔵が日本吟醸酒協会に加盟しています。
吟醸酒の啓蒙活動の一環として日本吟醸酒協会では、毎年『吟醸酒を味わう会』という有料利き酒イベントを東京と大阪と札幌(名古屋との隔年開催)で開催しています。直接、蔵元や杜氏に逢えるまたとない機会です。美味しい吟醸酒造りに対する熱い想いに触れたり、日頃から疑問に思う日本酒についての質問も出来ます。ブースにはずらりと各蔵自慢の吟醸酒が並びます。

本年度は、9月札幌を皮切りに、10月2日大阪、24日東京と順次開催されます。

…ということで、杜氏と二人で行って来ました!大阪(^^)v

会場となったホテル阪急インターナショナル様を見上げるの図。

2007100201.jpg

イベントまで時間がありましたので、近くのH急百貨店の店舗視察に行ったりして周辺をウロウロ。お客様と間違われて、試飲を薦められて、断りきれずに思わず某蔵元さんの純米酒を買ってしまったのでした(汗)フフ・・・関西ノオバチャン、オソルベシ・・(*_*;

さて、いよいよ開場の時間となり、500名を超えるお客様にご来場いただき大変盛況でした。それぞれ御贔屓の蔵元さんの元へ立ち寄り、自慢の吟醸酒を楽しんでいらっしゃるお客様の笑顔が大変印象的でした。御代櫻ブースへも多くのお客様がお立ち寄りくださって、大忙しでした。

2007100202.jpg

今回の出品酒は下記の通りとなっております。
①『御代櫻 純米大吟醸雫 酒向(さこう)18BY』
②『御代櫻 特撰大吟醸 17BY』
③『御代櫻 純米吟醸 秋上がり 18BY』
④『御代櫻 純米吟醸 播州山田錦 火入れ 17BY』
⑤『三十一才の春 純米大吟醸無濾過中汲み原酒 18BY』

2007100204.jpg

どれも極少量を丁寧に手造りで醸した流通限定の吟醸酒ばかりです。一番人気はやはり①の雫酒で、このお酒を飲んでとても美味しかったからと多くのお客様を呼んで来てくださる方や、何度もブースに足を運んでくださる方がいらっしゃって、大変嬉しかったです。御代櫻ブースへお立ち寄りの皆様、本当にありがとうございました!!

さて、この会での私のもうひとつの楽しみが、御代櫻をご販売いただいている関西圏のお得意先様とお会いできることです。地元大阪は勿論、京都からも酒販店様、料飲店様がブースにお立ち寄りくださいました。いつも本当にありがとうございます。今振り返れば、この会での出会いがきっかけとなり現在お取引させていただいている先様も多いです。「縁ありて花開き、恩ありて実を結ぶ」まさに有難いご縁の数々に心より感謝申し上げます。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

 2007100203.jpg

さあ、10月24日はさらに大規模となる東京開催です。
気合入れて頑張ります!!

(六代目蔵元)

プロフィール

御代桜醸造株式会社

Author:御代桜醸造株式会社
明治初期の創業以来、百有余年。悠々たる木曽川を臨む美濃の地で、若き杜氏や熟練の蔵人が丹精込めて醸す酒…
御代櫻(みよざくら)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク