『吟醸バー2007 蔵66』へ行ってきました!

記憶に新しい方もいらっしゃるでしょうが、2006年に東京駅構内で日本吟醸酒協会による全国70蔵直営スタンディングバー『吟醸バー蔵70』が期間限定で営業して大変ご好評いただいておりました…

TS380121.jpg

今年も東京駅構内八重洲南口地下において『吟醸バー蔵66』として営業しています。吟醸バーでは、とにかくお値打ち価格で、全国各蔵元直送にて、さらに週替わりで、しかも地元の酒肴を選べて、吟醸酒の美味しさや楽しさを味わい尽くすことが出来るのです。
更に詳しい店舗情報や商品、スタッフの方のブログやお得なクーポン券もありますので、是非とも吟醸バー蔵66のホームページをご覧下さい。

TS380114.jpg

さて、御代櫻は今週9月27日(木)~10月3日(水)まで他の2蔵とともに担当しておりますので、早速初日となる昨日、吟醸バーへお邪魔してきました!
営業時間は16時~22時となっており、私が入店した夕方は上記の写真のようにお客様はまばら…てか、誰もいない!?(汗)

…フフ、御安心下さい^_^;

TS380122.jpg

あっという間に大盛況!!!

満席御礼~♪ (*^^)v


本日時点で吟醸バーで飲める御代櫻のお酒は下記の通りです。

①『御代櫻 純米大吟醸 雫酒 酒向(さこう)18BY』
…本年度の名古屋国税局酒類鑑評会にて優等賞を受賞した純米大吟醸の袋吊り雫酒。1杯500円。際立ったバランスの良さが特徴です。酒向(さこう)の意味は是非カウンターで質問してみてください。
今回の1番人気酒でした♪吟醸バー向けの出荷本数にも限りがありますので、どうぞお早めに!

②『御代櫻 純米大吟醸 山田錦 18BY』
…兵庫県特A地区産の山田錦を全量使用しております。加水してあり、比較的すっきりとお楽しみいただけます。1杯300円。

③『御代櫻 特撰大吟醸 17BY』
…その素性は、全国新酒鑑評会出品用に極少量仕込まれた杜氏入魂の大吟醸。氷温瓶囲いにより、やや円熟味も帯びた淡麗なその味わいを是非お楽しみ下さい。1杯400円。

多くのお客様やスタッフの皆様と触れ合うことが出来て、本当に勉強になった1日でした。

皆様、ありがとうございました!!

是非、吟醸バーへ御来店くださいませ♪


追伸。。
竹内店長、吟醸バーの閉店まであと丁度1ヶ月。寂しいですが、ラストまで頑張って下さい!酒匠ってホント凄いです!!ちゃんと御代櫻前掛け使って下さいね~♪
スタッフの皆様、たくさんお酒を薦めていただきありがとうございました!!是非蔵へも遊びに来てくださいね!
Sさん、長時間どもでした。いつか夢が叶う様に応援しています。目指せ伝導師!
Tさん、貴方の岐阜へのマニアックさには驚きました。写真バッチリ撮れてましたか?
Iさん、名古屋からのご出張帰りにお立ち寄りいただきありがとうございました。また何処かでお会いすることもあるかもしれませんが、その際は宜しくお願いします。
Kさん、例の生姜を酒粕に漬け込む件…覚えてますか!?
Mさん、御一緒させていただきましてありがとうございました!

その他にも大勢の皆様に本当に温かく接していただき感謝感激でした。
今度は東京の味わう会でお会いしましょう♪


(六代目蔵元)

最終章・今のうちに…

お待たせいたしました!

ようやく、無事に店頭の改装が全て完了です(^^)/

kouri1.jpg


木の質感を活かしたなかなかお洒落に仕上がっています。
念願のバーカウンターも設置されて、お客様の寛ぎのスペースとなっています。

kouri2.jpg


季節感もさりげなく演出したり…

koui3.jpg


限定酒の試飲も出来ます。
お近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さいませ。

(六代目蔵元)

悲報

元・弊社取締役早川進勝が、かねて病気療養中のところ、去る9月7日午前7時過ぎに逝去されました。

ここに生前のご厚誼を深謝し謹んで御通知申し上げます。



御生前中には、半世紀以上に渡り、『御代櫻』の品質向上に努めた元・工場長の突然の訃報に、にわかに信じ難く呆然といたすばかりでした。

御遺族様のご心痛いかばかりかと深くお察し申し上げます。

謹んで心から御冥福をお祈り申し上げます。

(六代目蔵元)

本年度のひやおろしが出荷開始です!

残暑厳しい毎日が続いております。
それでも朝晩は多少なりとも涼しさを感じるようになってきましたね。

秋もすぐ傍までやってきています。
秋といえば、読書の秋!?

それもありますが、やはりここは…実りの秋!!
日本の秋には、美味しい旬の食材がいっぱいです。そんな美味しい食材を使った料理のお味をいっそう引き立ててくれるのが日本酒です。

ということで、美味しい秋に是非お楽しみいただきたい限定酒『御代櫻 純米吟醸 ひやおろし原酒』が本日から出荷開始されましたので御案内いたしま~す(^^)/

20070905175947.jpg

そもそも、ひやおろしというお酒はどんなお酒か御存知でしょうか?
ひやおろしとは、春の彼岸までに出来た新酒を火入れして大桶に貯蔵し、夏の暑さも峠を超えた頃に、大桶から木桶におろして、そのまま出荷されたので『冷や卸し』と言われるようになったそうです。

原酒ならではの芳醇な香りとコクのある旨味をお楽しみいただける普遍の旨さを兼ね備えた一献を是非ともこの機会にお試し下さいませ!

(六代目蔵元)

プロフィール

御代桜醸造株式会社

Author:御代桜醸造株式会社
明治初期の創業以来、百有余年。悠々たる木曽川を臨む美濃の地で、若き杜氏や熟練の蔵人が丹精込めて醸す酒…
御代櫻(みよざくら)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク